注意が必要な場合もあります・・。
重要リンク(読んでみてね)

ヘアダメージ 髪の傷み とは?

市販 ノンシリコン シャンプーって・・・

髪の毛は減点法で 死んでいっちゃうよ!

髪質修復トリートメントなんか無い!

トリートメントは髪を傷めます!



そして新たにここを読むべし!!(笑)
  ↓  ↓  ↓   ↓
髪の痛み・ダメージヘアのためのヘアケア

真実のヘアケア すっぴん髪理論♩





ブラウはフェイスブックもしているよ。
↓ ↓ ↓ ↓
BLAUのフェイスブック






本日のお客様H様です。

ブログなどからいらして頂きました。(あざ~っす)

今回はカラーとカットでのご予約でした。

いつも結んでいたそうなのですが、イメチェンという事で

したい髪型を持ってきていたので、ショートスタイルにさせて頂きました。
BlurImage(6-1-2017 5-19-31)
1か月前に明るめのグレーカラーをご希望されていたそうなのですが

思った感じの明るさにはならなく、かえって毛先は色が沈んだ感じになったそうです。


これはたまにあるケースなのですが、

極端に言えば毎回毛先まで白髪染めされていますと、

初めの2,3回目くらいはフルカラーしてもいい感じの色味になるのですが、

ダメージと共に、毛先の髪の内部がスカスカになっていき

そこに染料が入り過ぎて毛先が暗く、もしくは黒く感じる事があります。
BlurImage(6-1-2017 5-26-58)
それを修正しようとして、明るめの白髪染めをチョイスして

根元から毛先まで塗っても結局は同じことの繰り返しになりやすいです。


今回もそうなるかもといろいろお話させて頂き

根元は希望の明るさのカラーで、毛先は更に明るめのカラー剤を使わせて頂きました。

沈んだ部分がある程度修正されましたが

これが今の出来る最大限でした。

ダメージももちろんですが、暗くなるよりはいいのではないかと思います・・・。

1483691336371.jpg

短期間でのフルカラー、痛んだ髪にフルカラー、縮毛矯正、デジタルパーマなどの

熱を使うような髪にフルカラーする場合は

根元よりも毛先の色の沈みには十分注意が必要です。


もちろんのことですが

ホームカラーはもっと注意が必要です。

というか、カラーはなるべく美容室でお願いしますね。笑


黒染めを明るくしたい、暗くなった毛先を明るくしたい場合、

ダメージの進行、修正がうまく出来ないといったことなどから

施術出来ない場合もありますので・・。


今回はそれとはまた別に

ほんの少しスタイリングを変えるだけで、劇的に今までと違う感じになる

やり方をレクチャーさせて頂きました。笑

それはカットする前に既に始まっていたのですが、

それはどうするのかは・・・笑


BlurImage(6-1-2017 5-31-54)
H様ありがとうございます。

またお待ちしていますね。

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://hairsalonblau.blog.fc2.com/tb.php/1197-aeb88c27
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック