DO-Sシャンプー・トリートメントの取扱説明書
036_20120219143835[1]

ブラウおススメのDO-Sシャンプー&トリートメントのホームケアーの仕方!!(完全パクリ)


☆ シャンプー ☆

1シャン目はあまり泡立ちません。

1シャン目は乳化、2シャン目がクレンジングをイメージして作られています。

2シャン目で泡立てたまま5分ぐらい放置してもらってます。

マイルドなシャンプーではなく、きしまないけど しっかり洗浄する!がコンセプト。



☆ トリートメント ☆

ノンシリコンです。ホホバ油とオリーブ油が主成分です。

皮膜感はあまりなく、すべて吸収される感じです。

すなわち、流しすぎるとドライ後あまり感じよくないです。

ヌメリ感が残るぐらいでやめて下さい。ホホバなのでベトつきは無いとおもいます。



家庭での使用方法


まずお湯で軽くすすいで髪や地肌のほこりを流しながら、十分に髪を濡らしてください。

☆シャンプー1回目
シャンプー剤を手に取り、髪と地肌につけ、軽くマッサージしながら髪の汚れと毛穴の不要な皮脂を取り除き、
よく洗い流します。この時はあまり泡立ちがよくない時もありますが、気にしなくても大丈夫です。

☆シャンプー2回目
シャンプー剤を少し多めに髪と地肌につけ、マッサージ後よく洗い流します。
傷んだ髪は泡立てたままの状態で5分~10分間程度は放置してください。
その間に身体を洗えばOKです。毛先のダメージ部分にもしっかりとシャンプーをつけてくださいね!
すすぎは特にしっかりと!流している時、最初はキシミませんが、
しっかりとすすいでいると、いきなりギシってきしみます。キシミがでるまで流すのがコツです。

☆トリートメント塗布
髪に馴染ませるようにたっぷりとまんべんなくつけ、そのまま5分程度は置いて下さい。
栄養分が髪に浸透します。キャップを被って湯船に浸かると効果的です。
ヌルっとした手触りになればOKです。すすぎは頭皮や根元部分を中心にして流した後
毛先だけもう一度少量のトリートメントをつけて流さないでください。

☆ブロードライ
ドライヤー前にトリートメントを少量、毛先のダメージ部分につけて乾かしてください。
無理なブラッシングは出来るだけ避けましょう。
乾いた後もスタイリング剤代わりに、少量のトリートメントをつけると効果的です。



違いのわかる シャントリだと思います。

しっかりシャンプーで洗って、 しっかりトリートメントを浸透させる!


パーマやカラーの薬剤の残留物質をしっかり落として

コーティングなどせず、髪のダメージを最低限に抑える。


使い始めは、少し髪がパサつく場合もありますが

それは、今までの不必要なコーティングを取って行くからです。

素髪が一番!!





関連リンク



DO-Sシャンプー&トリートメントの注意点 見極め

そのとき と ごまかし

プロおすすめのシャンプー・トリートメントとは?

DO-Sシャンプー&トリートメント

DO-Sシャントリの使い方について

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://hairsalonblau.blog.fc2.com/tb.php/443-4a052f25
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック