エアーマンさんのお言葉がきっかけの反則技
日々勉強でございます。最近やってます酸性縮毛矯正です。


今本はこれを極めたい!!



で、またまた実験しました。


お客様はなんのこっちゃ理解できませんでしょうから、ここでさよ~なら~。




こちらパーマのみ


こちら10レベルライトナー&パーマです。
1377757334441.jpg
ウエットにして


1377757335394.jpg
HAMASAKI:GMT=15:1で。(今本なぜか15:1が好きなんです。)
実験ですから。笑
1377757336343.jpg
10分放置

流して軽くシャンプー

1377757337094.jpg
で、ここまではいつも通り、誰でもできる。(猿でも)笑
1377757373183.jpg
問題はここからの水分コントロールとアイロンです。


この二つがキモですよね。特に水分。



で、ここから今本好き勝手にやってみる事に。実験ですから。笑

こちらのGIOローション、これも酸性縮毛矯正やってる方は使っている。

GIOローション保湿半端ない万能ローションです。
1377757408141.jpg
確かこのGIOローションの発売直前だったかな?

GIOさんとエアーマンさんのお店であった
 DO-S&ジオ&エアーマンによる現場主義な講習会in宇部

この口臭会に酸化させていたでいた時に(失礼!講習会に参加です。爆)

でっかい白いシャツの(これも失礼やろ!笑)エアーマンさんが何気に言った事をなぜか今本ずっと覚えていまして。
20130610143109.jpg
エアーする時GIOローションシュッシュしながら

「コレ、あまり濃度を濃くしすぎると乾きづらいですから気を付けて下さいね・・。」

とエアーマンさん言ってまして。

矯正やパーマの中間水洗後、保湿目的でアイロンorエアー使用の前にこの

GIOローション使ってドライしてますよね。

例)中間水洗~GIOローション、アニカチ、アニカチ~ドライ、アイロンとか・・


ち~ん!


で、何を考えたか、今本このGIOローションの濃度を勝手にUPしました。

GIO:精製水=2:1で。(通常1:1の濃度5%ですが)

おバカな今本は単純です。

潤いを残すドライこれがムズイ!乾きすぎると伸びない、濡れ過ぎもヤバイ。

ならばGIOの濃度を濃くして乾き辛くして潤い持たせようと・・。(少しでも感想を遅らせようと)笑

ホントなら原液シュッシュしようかと思ったくらいです。爆 

でも何回も言いますが実験ですからね!!

で、濃度UPバージョンシュッシュしてドライ。

べた付くのかなと思っていたんですけどそんな感じもしませんでした。

(前回のビビり実験で、何回もシュッシュ&ドライしてましたし。)

ただドライした時、濃くした分、しっとり感ははっきり分かります。

(潤いってこんな感じかなぁ~・・とか)

でアイロンしましてモワ~っと蒸気でましたん。


過水4.5% 10分


出来上がりです。 
1377757374716.jpg
よく伸びております。イイじゃないかい!

1377757373930.jpg
黒髪は伸びてはいますけど80点くらいかな。

今本なりに潤いの感覚はなんとなく掴めたのかな・・・。

今度は通常のやり方でも感覚つかめそうです。

濃度UPさせるという反則技を使いましたが実験ですから!

なんとかしたいんですよ今本は。濃くしてもビビる訳ではないんでね。

今出来る範囲以内でやっております。


ですが、改めてエアロー・・いや!GIOローション、マジいいっす!(宣伝ではない)笑

極めたいぃ~!!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://hairsalonblau.blog.fc2.com/tb.php/66-9412a5e7
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック